本文へスキップ

不妊去勢手術の動物病院紹介は……

不幸な犬猫をなくすネットワーク

新たな名称が加わりました

アニマルウェルフェア(動物福祉)推進ネットワーク

当会では1990年より不妊去勢手術の普及啓蒙活動を続けてまいりましたが、この22年間で当会の紹介により不妊手術を受けた頭数は「不幸な犬猫をなくすネットワーク」全体で7万頭を超えました。これもひとえに協力動物病院のご協力の賜物であり、先生方には心より厚く感謝申し上げます。

最近では飼い主の手術に対する理解が進み、発足当時に比べると実施率もかなり上がってきました。また、当時は低料金で手術してくださる病院はごくわずかでしたが、近年の愛護団体の増加に伴い、現在ではネットワークを通さなくても、それらの団体の協力病院で手術ができるようになっています。自治体による啓蒙活動も広く行われており、そうした地道なご尽力もあってか、当会への手術申込みはここ数年で激減しました。全国的な手術実施率はまだとても十分とは言えませんが、低料金の病院紹介は珍しくなくなったため、草分けだった当会の役目は一まず終えたのではないかと考えるに至りました。

十年一昔と言いますが、二昔以上も前の時代を振り返ると、さまざまな思い出とともに胸に込み上げてくるものがあります。手術実施率の向上は大変喜ばしいものですが、20年以上前と比べてもあまり変わっていないと思うのは、飼育動物の苦痛やストレスに対する無理解と配慮のなさです。短い鎖でつながれっぱなしの犬、ゲージに閉じ込めっぱなしの猫、炎天下に置かれた犬小屋、不潔で狭い部屋にギュウギュウ詰めにしている多頭飼育等々……。しかし、日本ではこのような飼育状態は虐待であるという認識が非常に薄く、生きていることでよしとする自称愛護家さえ散見されます。このような、手術だけでは解決できない問題に対しては、5freedomで紹介した「動物福祉」という概念が不可欠であると痛感していたため、このたび当会は「アニマルウェルフェア(動物福祉)推進ネットワーク」という名称を追加し、新たなスタートを切ることになりました。

不妊去勢手術の普及啓蒙はまだまだ手を抜ける状態ではなく、その必要性は依然として変わりませんので、手術紹介は従来どおり不幸な犬猫をなくすネットワークとして継続していきます。(申し込み方法・郵便物の宛て先は変わりません)手術以外の、犬猫などのペットに限らず動物全般を対象にした動物福祉に関する部分は、アニマルウェルフェア推進ネットワークとして扱い、主に海外の動物福祉理念とその実践例などを参考にしながら、私たち自身も学びつつ、日本に動物福祉という概念を根付かせたいと願っています。 動物福祉についてのコンテンツはこれから徐々にアップしていきたいと思いますが、まずは名称追加のお知らせをいたします。

当会の病院紹介エリアは東京・神奈川です。
不幸な犬猫をなくすネットワーク埼玉、不幸な犬猫をなくすネットワーク千葉とは別団体になります。千葉、埼玉、茨城については、「他県の病院紹介について」をご参照ください。

更新情報

2016年1月9日
協力病院リストを更新しました。
2016年1月7日
全国の助成金リストへのリンクを追加、協力病院リストを更新しました。
2015年12月26日
会計報告を掲載しました。
2015年6月1日
これまでの手術実績頭数を更新しました。
2015年5月17日
「海外の動物愛護団体の主張」PETAにコンテンツを追加しました。
2015年5月16日
協力病院リストを更新しました。
2015年1月19日
協力病院リストを更新しました。
2015年1月11日
協力病院リストを更新し、リンクを追加しました。
2014年9月2日
病院リストを更新。平成25年度の会計報告を掲載しました。
2014年7月30日
「第1回 輸入野生動物をペットにすることの問題について考えよう」の案内を掲載しました。
2014年6月11日
家畜福祉食品に関するシンポジウム案内を掲載しました。

お問い合わせ

 〒248-0035
 神奈川県鎌倉市西鎌倉郵便局留
 不幸な犬猫をなくすネットワーク
 FAX.0467-55-5937
 メールフォーム:https://ssl.form-mailer.jp/fms/663d6dec105449 SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー



ブログは現在準備中です